体験者の声

ご予約はこちら
※要事前予約

コース&料金一覧

セグウェイ3つのコース

  • セグウェイ体験コース
  • カヌチャリゾートセグウェイツアー
  • セグウェイ動画集
  • セグウェイ写真集
  • セグウェイお客様の声

求人情報ゆんたく

お客様の声

お客様の声

沖縄県 23歳男性 中島さん 「体重移動で進む不思議さ・・・。すべてが新鮮でした!」

乗る前は、正直言うとあまり興味がなく、珍しい乗り物だな~と思う程度でした。人に誘われなかったらおそらく乗ることはなかったかも。実際、乗ったときの感想は、「とっても面白い乗り物だ!」という感じ。電源を入れたときの音、未来の乗り物に乗る瞬間のドキドキ、なぜかとれているバランス、体重移動で進む不思議さ・・・。すべてが新鮮でした!

フルパックコースを体験したのですが、天気も良く、とても気持ちの良いドライブを楽しむことができました。カートのように、視界に何かのフレームが入り込むことも無く、自転車のようにバランスや、力なども殆ど使わない快適な乗り物だと思います。

セグウェイを乗りながら、カヌチャの丘から見下ろす太平洋は、水平線がくっきり見え、その湾曲から地球の丸さを感じるほどきれいな眺めでした。そして多くの人の注目を浴びました~!笑

お客様の声

沖縄県 28歳女性 Kさん 「電源が入った瞬間、ワクワクしました。」

電源が入った瞬間ワクワクしました。初めて乗った瞬間は少し怖かったのですが、インストラクターがしっかり抑えてくれていたので安心して乗ることができました。 カヌチャリゾート周遊コースでは、風がすごーく気持ちよく、開放感がありました♪カヌチャって意外に広くてビックリ!けっこう山奥にあるので、鳥の鳴き声など自然の音に癒されました♪

お客様の声

沖縄県 女性 Mさん 「乗っただけで話のネタになりそう!」

スキー&スノボと同じ感覚の乗り物だと感じました。自転車やキックボードでは体感できない、いつの間にか、自分の足になっている自転車だったら、「ここはブレーキ、このタイミングでハンドルを切って・・・」となるが、セグウエイの場合、歩く感覚で脳が無意識のうちに指令を出して、動いているといった不思議な印象。 セグウェイは以前、ニュースで観た小泉元首相が官邸前で乗っていた映像が、かなりインパクトがあったので乗っただけで話のネタになりそう!

お客様の声

沖縄県 26歳男性 カネシマさん 「未来のマシーンと言っても言い過ぎじゃない!」

実際に動いているところを見るまでは、大して期待をしていなかった。でも、乗ってみると初めての乗り心地にビックリ!まるで自分の意思を持っているかのような不思議な動きをしてくれます。さらにビックリしたのは停止しても倒れないこと!普通は2輪なんで倒れますよね。 言葉ではなかなか伝えられない乗り心地ですが、未来のマシーンと言っても言い過ぎじゃない乗り物だなって思いました。一度は乗ってみる価値あり!です。

お客様の声

沖縄県 37歳女性 Iさん 「早速、周囲に自慢して回るつもりです!」

乗る前は「ほんとにおもしろいのかな?」という疑問が正直あり、「まぁ、珍しいから話のネタになればいいか」という程度でした。 到着すると、インストラクターの方がテスト走行をしているまっ最中で、スイスイととても軽やか走行している姿を見て「うわぁ、かっこいい!あんな風に乗れるのかな、早く乗りた~い」と急にワクワク・ドキドキ、乗る前から既に友人と盛り上がっていました。 はやる気持ちを抑えインストラクターの説明を聞き、ついに乗車。片足を乗せるとコンピュータ音が鳴り感動。さらにちょっぴり不安ながら両足をのせると多少前後に移動するものの、その安定感に「なんだ、簡単っ!」とひと安心。だんだん慣れてきて「もっとスピード出してみたい」と思ったところで、あっという間に体験コースは終了しました。

いよいよ次はライドコース、インストラクターがかっこよく乗りこなしていたあのコースを走れるとあってさらに興奮!芝生の上でS字走行やジグザグ走行、めいっぱい速度を上げて走ったり、とにかくおもしろかったです。客観的な目は別にして、自分ではすっかり最初に見たインストラクターと同じように乗りこなせている気分でした。ライドコースの回数を重ねればかなりうまくなれるだろうなぁというひそかな野望まで沸いてきました。

そして周遊コース、これはライドコースとは違った楽しみがありました。なんといっても、海を見下ろしながら風を切って走る感覚は最高に気持ちよかったです。坂道も楽々、足のかわりに自由自在に走ってくれるから、すっかりリラックスして潮風を存分に楽しみました。他のお客さんが注目するのが照れくさかったりしましたが…。 とにかく全コース体験し、大満足で帰ってきました。早速、周囲に自慢して回るつもりです。次回は別の友人を連れ、体験者の乗りこなしを見せつけながら、さらに上達したいと思います!


このページの先頭へ